今年もセレモニーを華やかに実施
14時40分からはパドック内のステージで、「開催セレモニー」が行われました。
まずはNDロードスターの中山主査が登壇して挨拶。
さらに前年度優勝の「ホットバージョン土屋一家」チームから持ち回り優勝カップが返還され、代わりにレプリカが授与されました。
さらにポールポジション獲得の「ベストカー&おと週」チームの山野さんが選手宣誓。
そして予選の上位から順番に、全チームの紹介も行われました。

ここで「グローバルMX-5カップ仕様車」が先導車として登場。
各チームがマシンをコースインし、いよいよ「決勝スタート前セレモニー」に移ります。
「東京おとめ太鼓with SAYA」による演奏で気分が盛り上がります。

ローリングスタートの先導を担当するのはアクセラのセーフティカー。
1周の先導走行を終えたところで、シグナルがグリーンに変わります。
同時にコントロールラインで、昨年に続いて西山雷大執行役員がマツダの社旗を振り下ろし、4時間後のチェッカーを目指した戦いが始まります。

例年のことですが、前年上位など有力チームのスタートドライバーには実行委員会が決めたハンディキャップを消化する義務があります。
前年度優勝チームの「ホットバージョン」は240秒、同じく2位の「J-WAVE」は180秒、3位かつ過去最多優勝の「ティーポ/デイトナ」は120秒となり、その他8チームにも60秒のピットストップが課せられます。

このため、レース序盤はノーハンデか60秒ストップ組のチームが上位を占めるのが通例です。今年の1時間経過時点ではトップの「人馬一体」から6位の「メーカー交流」まで、ノーハンデのチームが上位を独占しました。さらに折り返しの2時間経過時点となる91周目には、60秒組の1台「GAORA SPORTS」が首位に浮上します。








驚異の好燃費で182周を走破した「J-WAVEチーム」が王座に返り咲く!
しかしながら、後半戦に入ると、徐々にハンデの大きい有力チームが上位に進出してきます。
最多勝チームの「ティーポ/デイトナ」は100周を過ぎてから一度トップに立ち、さらに115周目から139周目までリーダーボードの最上段をキープします。

これを追いかける力を終盤まで残していたのは、一昨年の覇者「J-WAVE」と、昨年も4位だった「ENGINE」の2チームのみ。

DJでおなじみのピストン西沢さん率いる「J-WAVE」は155周目に「ENGINE」をパスすると、そこからは一度も首位を譲ることなく、4時間01分14秒で昨年優勝チームより2周も多い182周を走破。2年ぶり3度目の優勝を果たしました。

「ティーポ/デイトナ」も最後まで背後を脅かしますが、わずか4.135秒及ばすに同一ラップでの2位となりました。
さらに3位の「ENGINE」、4位の「SAMURAI WHEELS」も同じく182周を走りきっての見事な入賞です。

以下、5位が「カービュー」で6位が「ホリデーオート」と続き、規定によりここまでが入賞。
さらに5位から8位のチームもトップから1周遅れの181周という、高いレベルでのバトルを演じてくれました。

ちなみに筑波サーキットは1周約2kmです。
昨年優勝チームの平均燃費は5.1km/ℓ強だったのに対して、今年の上位4台は6 km/ℓの大台に乗せています。
最低4回義務のピットインを含めてアベレージ92km/h台で走っての快挙達成は、今年新たに装着タイヤとなったブリヂストンのPOTENZA Adrenalin RE003の性能進化と、新世代NDロードスターの潜在能力の高さを改めて感じさせる結果ともなりました。

レース結果の確定を待って、正式表彰式がコース上で開催されました。
まず登壇した「人馬一体」チームで自らドライバーも務めた魂動デザインのリーダー、前田常務執行役員が参加チームすべての健闘を称え、トロフィーは中山ロードスター開発主査から手渡されました。
また協賛各社の代表者様からも豪華賞品が贈呈されました。








 [ 1 2 3 競技結果 ]