2017年9月2日(土曜日)、茨城県の筑波サーキットで「第28回メディア対抗ロードスター4時間耐久レース」が開催されました。台風の接近により午前中の練習走行こそ小雨がちらつきましたが、午後の予選には晴れ間も見えるほど急速に天候も回復し、会場に集まった多くのロードスターファンやモータースポーツファンがサーキットの一日を満喫されました。
新型のNDとなって3年目の今年は26チームが参戦
2017年9月2日(土曜日)、茨城県の筑波サーキットで「第28回メディア対抗ロードスター4時間耐久レース」が開催されました。
このレースは初代ロードスターがデビューした1989年以来、自動車専門誌やテレビ、ラジオ、インターネットなどメディア関係者のチーム対抗として行われている伝統の一戦です。

マシンはすべてマツダからの貸与で、タイヤの空気圧以外の一切の調整も不可という、厳格なイコールコンディションが保たれているのが特徴です。
年に一度、業界の腕自慢たちが真剣勝負を楽しむと同時に、その模様を自らのメディアを通じて発信することで、モータースポーツの振興にも大きな役割を果たしてきました。

新型のNDとなって3年目の今年は26チームが参加。
24台のメディア代表に加えて、マツダの役員&テストドライバーで構成された「人馬一体チーム」と、国内主要メーカーの開発エンジニアたちで構成された連合軍「メーカー交流ロードスターチーム」の2台が参戦しています。
人馬一体では「魂動デザイン」のリーダーたる前田育男常務執行役員が予選アタッカーを務め、交流チームにはNDロードスターのチーフデザイナーを務めた中山雅・開発主査も加わっています。




より厳しい燃費の戦いに勝つのは?
さて、今年のレギュレーション(レース規則)やマシンの仕様で、昨年と大きく変わったポイントは2つあります。
まずは4時間のレースで使用できるガソリンが60リットルまでと、過去2年より10リットルも少なくなりました。
これに伴って、決勝中の給油回数も基本は1回(20リットルまで)となりました。
次にワンメイクの使用タイヤが、ブリヂストンのPOTENZA Adrenalin RE003(昨年まではPOTENZA RE-11A)に変更になっています。

レースは当日朝6時の受付から始まりますが、この日は朝からあいにくの雨。
ピットでの準備作業にも、各チームとも苦労している様子です。
それでも関係者の願いが天に届いたのか、10時から30分間の公開練習が始まる頃には雨がやみ、コンディションも徐々に回復。
12時25分から20分間の公式予選では、路面も完全にドライとなりました。

各チームのエースドライバーにとって、燃費を気にせず全開アタックできる予選こそが真剣勝負の場。
名誉あるポールポジションを獲得したのは、「ベストカー&おと週・新音羽不夜城」チームの山野哲也さん。
なんと昨年に続いて2年連続の快挙達成です。
タイムは1分10秒385で、昨年の1分11秒392から約1秒も削ぎ落とすことに成功しています。

ちなみに山野さんは今年ブリヂストンの契約ドライバーとして、全日本ジムカーナで通算17度目となる王座を獲得。
また北米仕様のロードスターをベース車としたグローバルMX-5カップジャパンにも参戦中で、9月24日の最終戦に初代チャンピオン獲得をかけて臨みます。
ブリヂストンのタイヤでロードスターのレースを戦うなら、誰よりも勝ちたいプロ中のプロが、プライドをかけて奪取した勲章と言えましょう。






 [ 1 2 3 競技結果 ]